【不具合】Skypeのファイル送受信・転送速度が遅くなったのはアップデートによるもの

 2014-09-25
おはようございます!! こんにちは!! こんばんは!!

skype

最近大容量ファイルをSkypeで送信しようとすると今までの1/10程度の速度しか出なくなってしまっていたのですが、これが2014年の7月末~8月頭くらいに行われたアップデートによる不具合と判明しました。

症状

・ファイル送信速度が今までの1/10ほどに落ち込み100kb/s前後しか出ない現象が、相手は関係なしに発生する
・送信速度が遅くなる現象については、送信しようとしているファイルサイズとは関係性がない
・アカウント切り替えでは治らない

原因と解決策
解決策としては、ファイルを送信する側と受信側でSkypeを過去のバージョン、「6.16.0.105」にするというのが現在判明している方法です。一度Skypeをアンインストールした後、「http://download.skype.com/msi/SkypeSetup_6.16.0.105.msi」のリンクからダウンロードできます。

注意点として、上の過去のバージョンをダウンロードした後に「自動アップデート機能」をオフにしてあげないと勝手にまた不具合のある最新バージョンにアップデートしようとするので、ファイル送信のためにダウングレードしようと考えている方は自動アップデートを無効にしてあげてください。

「system32\ntoskrnl.exe」が壊れている

 2011-02-18
おはようございます!! こんにちは!! こんばんは!!

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、
Windowsを起動できませんでした:
上記のファイルをインストールし直してください。
パソコン起動直後に、このようなエラー表示が出て停止します。
特に、Windows NT系でよく見られる症状です。
エラー表示をうのみにすると、「ntoskrnl.exe」そのものに問題がありそうです。
でも、本当の原因は、必ずしもそこにはありません。

「ntoskrnl.exe」とは
そのまんまのファイル名ですが、Windows NT系OSのカーネルファイルです。
カーネルとは、ハードウェアとソフトウェアの架け橋みたいなもので、
OSの基礎となっている部分です。
カーネルという基礎部分があるから、各種ソフトウェアがその上で動作することができます。
Windows NT系のOSにとって、「ntoskrnl.exe」は、
カーネルを構成するための主要なファイルになります。

カーネルが動作していなければ、OSも何もあったもんじゃありませんから、
Windowsが起動するとすぐ、「ntoskrnl.exe」ファイルが読み込まれます。
表題のエラーは、その時点で「ntoskrnl.exe」ファイルが見つからなかったことを意味します。
当然、Windowsを起動することなどできるはずがありません。

「ntoskrnl.exe」エラーの原因
エラー表示そのものは、カーネルが破損していることを示しているので、
かなり深刻なWindowsのエラーだということになります。

しかし、起動直後に「ntoskrnl.exe」ファイルが見つからなかっただけで、
すべてこのエラー表示になるという点に注意が必要です。

これは、「hal.dll」エラーと似ています。
というか、原因は一緒です。
エラー表示が違うのは、Windowsのバージョンによってファイルを読みに行く順番が違うからです。

Windows 2000 → 「ntoskrnl.exe」エラー
Windows XP → 「hal.dll」エラー

みたいな感じです。

つまり、Windowsを起動する際、「ntoskrnl.exe」がたまたま早い段階で読み込まれるので、
「ntoskrnl.exe」エラーが表示されているだけのことで、
「ntoskrnl.exe」エラーが表示されるのは、
Windowsそのものを見つけられていない可能性が高いのです。

Windowsそのものが見つからないというのは、例えば、
Windowsがインストールされていないパーティションから起動してたりとか、
そういうことです。

そうなってしまう主な原因は、「boot.ini」ファイルにあります。
「boot.ini」ファイルとは、
どのハードディスクの、どのパーティションから、どのように起動するかを記述した、
Windowsの設定ファイルです。

問題のある「boot.ini」をどのように修正すべきかについては、下記ページにまとめてみました。

「boot.ini」の編集
おそらく、「boot.ini」を正しく編集し直すだけで、
「ntoskrnl.exe」エラーからの復旧ができるはずです

電源投入時、ハードディスクから異音が聞こえる場合

 2010-11-16
おはようございます!! こんにちは!! こんばんは!!
今回も真面目なお話でいきます!

ハードディスクドライブ の故障です。
購入店に問い合わせるか、ハードディスクドライブを交換する必要があります。
まれに、何回かに1度起動できる時もあります。
その時にデータのバックアップをして下さい。
ハードディスクの異音は、データを読み書きする軸が、プラッタに当たって「カラン・・・カラン・・・」と聞こえます。一瞬、光学式ドライブでメディアが空回りしている音にも聞こえます。ちなみにこの症状でハードディスクドライブが壊れた場合、中のデータはほぼあきらめた方が良いでしょう。

ゲームしてるなら1年ぐらいが正常に使えてます!

更新終わり!

(≧▼≦)でわでわ

Windowsロゴが出た後にストップする場合

 2010-11-15
おはようございます!! こんにちは!! こんばんは!!

今回も真面目なお話でいきます!

Windows のロゴが出てその後に進めない場合の原因は 3 つ事が考えられます。
1 つは、ハードウェアを増設して対応していないか接続不良の場合。
2 つ目は、Windows が起動できないほど壊れた場合。
3 つ目は対応していないグラフィックスドライバをインストールしたため、描画する事ができない場合です。

03.jpg

Windowsロゴが出た後にストップする場合 の続きを読む

電源が入らない。ファンの音もしない場合

 2010-11-12
おはようございます!! こんにちは!! こんばんは!!

今回は真面目なお話でいきます!

一概に「パソコンが起動できない」と言われても原因が多くて判断する事は不可能。そこで、電源スイッチを入れてどの時点まで進むのかを見極める必要があります。



1.パソコン前面の電源スイッチを押す。

2.モニタに表示するためのグラフィックスBIOSが起動

3.マザーボードのBIOSが起動

4.起動プログラムがフロッピー、CD-ROM、または ハードディスクドライブ などのブートデバイスで指定した順に読み込まれる。



Windowsは上の工程を経て4番目に読み込まれます。つまり、Windowsが起動するのは上にはありませんが、5番という事になりますね。「Windowsが起動しない」のと「パソコンが起動しない」では全く異なります。前者はハードウェア的に問題があり、後者はハードウェア+ソフトウェアに関係するからです。

電源が入らない。ファンの音もしない場合 の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

ほんでぃプロ

Author:ほんでぃプロ
ニックネームは色々あります!
・ねぎちゃん
・まめちゃん
・先生

後、変な携帯電話からのメールの予防って事でw

メールでの連絡方法はブログのコメント(Comment)から送信してください
ブログ経由で自分の携帯にメールが届きます!
よろしくです^^

趣味は「ゲーム&ペーパークラフト&トイプードルのしつけ」


遊びに来てくださいネ!

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム
検索フォーム

カウンター
現在の閲覧者数:

おすすめ!!3年版
タイムセールだとかなり安く買えますよー

シンプルアーカイブ